大きくする 標準 小さくする

2005

7/15 トレーニングレポート

投稿日時:2012/07/15(日) 22:12

昨日の試合の余韻を引きずってか、今日もよく走るマリーナ達。
みんなが走るので、ゲーム練習も展開がスピーディに〓
おだんごサッカーが少しずつほぐれつつあるかな?〓


昨日の反省会の内容も踏まえて、今日の練習では
ボールコントロールとリフティングに時間が割かれました。

リフティング練習

イナコーチ「みんな、夏休みの宿題はワンバウンドリフティング100回!」

げげっ、100回はまだ僕もできたことないです。。
夏休みは息子と一緒に練習しよう...〓

-------------------------------------------------
ではでは、トレーニングレポートです。

* 初めの挨拶
* ウォーミングアップ [10分]
== しっぽ取りオニごっこ
* ドリブル練習 [10分]
== 四角を描いて、4本の線の上にみんなが立って、向かいの線まで入り乱れてドリブル。
---- ボールを見ず、前を見て、ゆっくり歩くスピードで。
---- ↑を少し速いスピードで。
== 四角い枠の中で自由にドリブル
---- 二人一組で縦に並んで、二人ともドリブルしながら、後ろの子は前の子についていく。
* ボールコントロール [20分]
== ボールの上に置いた足を左右交互に置き換える
== ボールタッチしながらバック
---- 右足だけで
---- 左足だけで
---- 左右の足交互に
== 足の裏を使ってボールをコントロール
---- 左右に転がす(左右の足で)
---- 前後に転がす(左右の足で)
---- 自分は向きを変えずに、自分の周りを一周させる(左右の足で、右回り/左回り)
== 足でボールを挟んで、ジャンプして上へボールを頬って、手でキャッチ
== 足の甲の部分でボールを挟んで5秒間ボールを持つ
* リフティング [10分]
== ワンバウンドリフティング(*写真)
---- 初めは3回、最後は失敗するまで続ける。
* シュート練習 [10分]
== ドリブルでコーンの外側を回り込んでシュート
== 2つあるコースのうち、コーチのいないコースをドリブルで通過してシュート
* 1対1 [10分]
== オフェンスとディフェンスに分かれて1対1のゲーム
---- オフェンス:ボールを手に持って、走ってゴールをくぐったら勝ち
---- ディフェンス:オフェンスの持っているボールにタッチしたら勝ち
* ゲーム練習 [30分]
== 1チーム4名ずつに分かれてゲーム(お一人様一点ルール)
* 終わりの挨拶
-------------------------------------------------

最近読んだサッカーコーチ向けの書籍に以下のようなことが書かれていました。

「日本の子供は、相手からもの(ボール)を奪う。ということをしない子が多い。
 なので1対1などでは意識的に声をかけて場を盛り上げる必要がある。
 ボールを奪った子を大げさにほめ、奪われた子には悔しいと感じさせる。」

昨日の反省会の話にも通じるものがあると思います。
サッカーやバスケットボールにおいては、
試合中に相手からボールを奪うというメンタルは重要な要素ですね。

別の書籍にはこんな内容も

「日本の子供は、サッカーを"ボールをパスし合ってゴールを目指すスポーツ"だと思っている。
 ヨーロッパの子供は、サッカーを"ボールを奪い合ってゴールを目指すスポーツ"だと思っている。」

このあたりの子供の意識づけも大事ですね。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:7/15 トレーニングレポート

(ブログタイトル:マリーナFC 2005)